暖母とは

はじめまして。
放課後等デイサービス暖母(だんぼ)の児童発達支援管理責任者 尾崎将二郎(おざき しょうじろう)と申します。
「暖母」とは暖かい母と書き、意味の想いは「暖かく、母親のようなぬくもりを持って責任ある療育を行う。」という意味を込めております。
私たちスタッフは支援のありかたを全員で日々追求していき、ひとりひとりのお子様と見つめ合い、個性をのばし、社会で自立するお手伝いを行います。お子様が放課後の居場所づくりとしての役割を重視し、ご家族が安心できる療育を行なっていくことを目標としていきます。
お子様みんなが明るく元気に育っていくことを心より願っております。

暖母の特徴

  • お子様の個別性をしっかりと理解し、無理のない療育を実施
  • 社会科見学や創作活動を通して日常生活に必要な能力・知識を深めていく
  • ほかの学校へ通うお子様たちと触れ合い、お子様にとって楽しむことができる場所を提供する
  • 相談やケアの代行を行うことで、保護者様の時間を保有することができます(レスパイトケアの実施)

放課後等デイサービスとは

平成24年4月より児童福祉法に基づきスタートした、障がいがあり就学されているお子様が、放課後や夏休み等の長期休暇に利用することができる福祉サービスのことです。6~18歳の障がいをお持ちの就学されているお子様が学校の放課後や休校日、また夏休みなどの長期休暇中に通うことができる児童福祉法に基づく福祉サービスのことです。日常生活能力向上のための訓練等をサービス内容で継続的に提供することにより、学校教育と相まって障がい児の自立を促進します。さらにお子様にとって、「居場所」を持つことができます。保護者様とお子様が安心できる場所作りを行います。
厚生労働省のガイドラインでは、”生活能力の向上のために必要な訓練。社会との交流の促進その他の便意を供与することとされている”と明記されています。つまり、支援を必要とする障がい者のあるお子様に対して、学校や家庭とは異なる時間、空間、人、体験等を通じて個々のお子様の状況に応じた発達支援を行う場所です。

具体的にはどんなことをするの??

厚生労働省のガイドラインでは、①自立支援②創作活動③地域交流の機会の提供④余暇の提供等が基本活動として挙げられています。
放課後等デイサービス暖母では、以下3つを療育方針としています。

  • 生活訓練(日常生活に必要なスキルを習得する)
  • 創作活動(集中力を養い、感性を磨き、個性を伸ばす)
  • 社会体験(社会のルール、公共の場でのマナーを学習する)

※日々のプログラム内容については、スケジュールをご覧ください。
暖母では、各スタッフのスキルや特技を活かした独自のプログラムを準備しております。

暖母には下記の資格を保有しているスタッフが在中しています。
看護師、保育士、介護士、柔道整復師、鍼灸師、行政書士、司法書士

ご両親が様々な施設や場所を利用する際に気にされる点として、「安心・安全・信頼」を寄せられる場所があるということだと考えます。

療育方針

  1. ひとりひとりのお子様と向き合い、理解し、個性を伸ばす。
  2. 年齢層に沿った療育を行い、社会生活に必要な社会性を育む。
  3. 地域・社会でサポート・フォローを行う。

状況報告

  • 日々の連絡帳お子様の今日の様子やお伝えしたいことを日々ご連絡します。また、保護者様が困っていること、行ってほしい療育、行事、教室等ご要望をお聞きします。
  • 6か月ごとの支援状況、計画の修正等あれば書面にてご報告します。
  • 必要に応じて指導員が訪問し、お子様の家庭での様子や困っていることの聞き取り・ご相談や支援を行います。

暖母ブログ

暖母のアメブロはこちら
https://ameblo.jp/houkago-danbo-fukuoka

お知らせ

お知らせ一覧はこちら
Page TOP